前回、元「無料出会い系サイト」オーナーが、真盛で月数百万も儲けていたといった報告を書きました。実態は以前に比べると、無料出会い系サイトの総計は僅かマイナス傾向にあるようです。あまりにも多くの無料出会い系サイトが酷いルールを続けてきたので、住民ライフ中ごろへの文句もかなりのかさに上り、地方自治体近辺も結論に乗り出しつつあるようです。住民ライフ中ごろへの談判件数は、2009時に33,000ケース以上あったのを最高潮として、2010時は28,000ケース度合、2011時は26,000ケース度合、2012時は21,000ケース度合とマイナス傾向にあるようです。2013時はますます減るようですね。このように無料出会い系サイトに関する負傷はマイナス傾向にはありますが、ちょい予断を許さないとも言えるナンバーですよね。俺が報告を聞いた元「無料出会い系サイト」オーナーが月数百万儲けていたは2009クラスの実例でしたし負傷件数の最高潮とピッタリ合致するわけです。それから間もなく儲けが減ってきて撤退する無料出会い系サイトが増えてきたようですが、まだまだ悪質な無料出会い系サイトは多数存在します。引き続き、出会い系サイトグループの実態を紹介していく結果負傷のマイナスに多少なりとも寄与していきたいとしている。自分の人生を劇的に変えるのはやっぱり人との出会いでしょう。